自分に合ったケアを

歯医者に行く方法とは

歯医者とは歯の管理、治療を行ってくれる場所です。小学校の健康診断では「歯科」という時間を設け、歯科医師の方が歯に汚れが無いかどうかや虫歯がないかどうかを診てくれます。しかし学校を卒業したら健康診断は行わないため、定期的に歯をチェックする機会がなくなってしまいます。なので近隣の歯医者を探して定期健診に行くことをお勧めします。ではまずどの歯医者に行くかを決めましょう。今はネットワークが発達しているため、自分が住んでいる都市にどんな歯医者があるか調べてみてください。そして口コミなどを見てみて自分にあった、行きやすい歯医者を絞り込みます。週末などで時間をとってその歯医者に是非行ってみて下さい。検診を受ければ虫歯の早期発見にもつながり、自分の歯に合ったケアを受けられるはずです。相談をするだけでも、歯科衛生士の方が丁寧にアドバイスしてくださるので安心です。

どんな時に利用するのか

では歯がどのような人がどのような時に歯医者を利用するのでしょうか。まず先ほど述べた通り、定期検診を受けるときです。これは自分の歯を健康に保つためにもどの人にも欠かせないものです。受付や電話で連絡をすれば自分の好きな時間に予約を入れることが出来ます。次に、虫歯を持っている人が治療を行うために利用します。冷たいものがしみたり、噛んだ時に痛みを感じると虫歯である可能性があります。虫歯は放っておくと虫歯菌が隣の歯にどんどん浸食し、最悪の場合ほとんど全ての歯を抜き、入れ歯にしなくてはいけません。それを防ぐためにも歯医者に行って治療を行います。最後に親知らずを持っている人がそれを抜くために利用します。親知らずは口の一番奥にある歯で歯磨きをするのが難しく虫歯になりやすい歯です。また歯並び悪化の原因にもなるため、それらの問題を抱えないためにも根っこがまだ浅いうちに抜きます。主にこの三つが歯医者を利用する理由だと思われます。